電源特性

電源特性

その動作に影響を与えるいくつかの電源特性があります。

ドリフト: DC出力電圧の変動を一定の線間電圧、負荷、周囲温度での時間の関数として示します。

動的応答: 電源が負荷電力の変化への迅速な動的応答を提供する必要があるシステムで使用することができます。 すなわち、電源管理機能を備えた高速マイクロプロセッサの負荷の場合であってもよいです。 この場合、マイクロプロセッサは、スタンバイ状態であってもよく、コマンドに応じて、それが起動または電源オン速いランプ・レートで高ダイナミック電流が課され、直ちにオフにしなければなりません。 マイクロプロセッサに対応するために、電源の出力電圧は、指定された時間間隔内で、過度のオーバーシュートすることなく、上下にランプまたは必要があります。 

効率: 出力対入力電力(パーセント)の比率は、公称ライン条件(パウ/ピン)と所定の負荷電流で測定されました。

ホールドアップ時間: 電源の出力電圧は、入力電源の喪失、次の規格の範囲内である時間、その間。

突入電流: ターンオン時電源により引き出されるピーク瞬時入力電流。

国際標準規格: 電源の安全要件と許容EMI(電磁干渉)のレベルを指定します。 

分離: ボルトで測定された電源の入力と出力との間の電気的分離。 非絶縁絶縁電源は、入力と出力との間のDC経路を排除する変圧器を採用し、一方、電源の入力と出力との間のDC経路を有しています。

ラインレギュレーション: ±mVのまたは±%の変化として指定されたAC入力電圧の変化に起因するDC出力電圧の値の変化。

負荷レギュレーション: ±mVのまたは±%の変化として指定された最大定格出力電流に開回路から負荷の変化に起因するDC出力電圧の値の変化。

出力ノイズ: これは、高周波エネルギーの短いバーストの形で電源で起こり得ます。 ノイズが充電し、その動作サイクル中に電源内の寄生容量の放電によって引き起こされます。 その振幅は可変であり、負荷インピーダンス、外付けフィルタに依存することができ、そしてそれはどのように測定されます。 

出力電圧トリム: Most power supplies have the ability to “trim” the output voltage, whose adjustment range does not need to be large, usually about ±10%. One common usage is to compensate for the dc distribution voltage drop within the system. Trimming can either be upward or downward from the nominal setting using an external resistor or potentiometer.

周期的及びランダム偏差(PARD):不要な周期(リップル)又はその公称値からの電源出力電圧の非周期的(ノイズ)偏差。 PARDは、指定された帯域幅で、mVのピーク・ツー・ピークまたはRMSで発現されます。

ピーク電流: 電源は短い期間のために提供できることを最大電流。 

ピークパワー: 電源が損傷することなく生成することができる絶対最大出力電力。 これはよく連続信頼性の高い出力電力能力を超えて、一般的で、まれにしか使用されなければなりません。

電源シーケンシング: シーケンシャルターンオンおよび電源のオフ、複数の動作電圧を持つシステムで必要とすることができます。 すなわち、電圧がそうでなければ、システムが損傷することが、特定の順序で適用されなければなりません。 例えば、第1の電圧を印加し、それが特定の値に達した後、第2の電圧は、そうでランプアップすることができ。 電源が除去されたときの速度が通常ターンオンなど、問題の限りではありませんが、シークエンシングは、逆に動作します。

リモートオン/オフ: これは、オンとオフの電源をオンにするスイッチよりも好ましいです。 電源データシートの仕様通常詳細リストリモートオン/オフするためのDCパラメータ、上の論理レベルオフ必須。

リモートセンス: 典型的な電源はその出力電圧を監視し、電圧レギュレーションを提供するバック電源にその一部を供給する。 出力が上昇または下落する傾向がある場合は、この方法では、フィードバックは、電源の出力電圧を調整します。 しかし、負荷に一定の出力を維持するために、電源は、実際に負荷の電圧を監視する必要があります。 しかし、電源の出力からその負荷への接続は、電源の出力と実際の負荷との間の電圧差を生成する電圧降下を生じさせる抵抗し、それらを通って流れる電流を有します。 最適な調整のために、電源にフィードバックされる電圧は、実際の負荷電圧であるべきです。 電源の2つ(プラスおよびマイナス)リモート・センス接続は、実際の負荷電圧をモニタする2つのリモートセンス接続を介して電流が非常に低いため、の部分は、その後、非常に小さな電圧降下バック電源にフィードバックされます。 その結果、負荷に印加される電圧が調整されます。

リップル: 整流し、その直流出力に乗った交流成分(リップル)でスイッチング電源の出力結果をフィルタリングします。 リップル周波数は、コンバータ・トポロジーに依存コンバータのスイッチング周波数、いくつかの整数倍です。 リップルは、負荷電流によって比較的影響を受けないが、外部コンデンサフィルタリングによって低減することができます。

追跡: それぞれが共通の値に対して、指定されたトラッキング許容範囲内で、同じ比例した出力電圧を維持するように1つ以上の出力は、ライン、負荷、および温度の変化と相互に従うことにより、複数出力電源を使用する場合。


ポスト時間:4月 - 23から2018
WhatsApp Online Chat !